動画を劇場で見るなら色とりどり運動フォトを友人と観てみた

ビデオをDVDで家庭で見分ける人は多いと思います。私もその一人だ。近年はテレビも広範囲化し音調もよくなりステレオ機能も付いているので容量を突き上げると相当なすさまじさになります。
しかし劇場(ビデオ館)にはかないません。自分が劇場で見分けるのは都度多彩動作ビデオだ。往年なら『007関連』最近ではブルース・ウイルスの『ダイ・ハード』関連やジェイソン・ステイサムの『アドレナリン』関連などだ。その他にもCGを駆使した動作大作など色々あります。到底人間では不OKな動作立場がビデオの中では次から次へと流れます。大スクリーン画面と大容量サラウンドに圧倒され、本物にしか見えないCG立場。異平均の素地に引き込まれます。まさに自分がヒロインになった気分だ。これぞビデオという熱意と感動です。
ビデオが終わって外に出ると何か急に現況世間の戻ったような気分になるのが大好きです。家に帰り着きTVを見ると、なんかショボいなあ!と憶えるのも好きです。これはやっぱり劇場で都度すさまじさのビデオを見たからこうなるのです。実際普通のドラマビデオや絵空事やSFやホラービデオではこういう気分は味わえません。
このように家で確かめるビデオと劇場で見分けるビデオと分集まりしてみるのも楽しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です